4

太った牛は実際には牛の一部ではなく、「太った牛」と呼ばれる牛の一部はまったくありません。

太った牛とは「鍋で食べる牛肉」のこと。牛角外賣牛の品種でも、肥育後に屠殺された牛でも、太った牛でもありません。牛肉を酸を飛ばして薄切りにして鍋に入れた部位のことで、「脂肪牛」と呼ばれます。

サーロインはサーロイン以外の肉でも可能であると言えますが、サーロインリブは脂身の多い薄切り肉には不向きです。

脂肪牛の生産工程

肥育牛は、無痛屠殺技術と高度な酸除去技術を駆使して作られ、通常は良質な腰背筋と腹部の除骨筋を選び、部位ごとに異なる肉名を付けています。 「脂肪牛」の ビレットはレストランに送られます。

その後、専用の機械で薄くスライスし、美味しい調味料に漬け込み、鍋で炊き上げた、本物の「太牛」を口の中で食べます。

日本や香港などから本土に持ち込まれたのは1970年代後半のことでしたが、主に輸入牛肉、特にアメリカ産の牛肉が使われていました。

盛祥飯荘4階の牛肉鍋が地元の秦庵牛肉を使用しているように、肥牛西安の一部のケータリングユニットはここ1、2年で牛肉鍋の原料として地元の秦山牛肉を使用し始めました。

牛の品種のどの部位が太い牛鍋に適していますか

しゃぶしゃぶの種類は、主に牛の外稜と腹の内側を使います。具体的には:

1. もも肉入りの脂身の牛肉。太った牛の中でも最高級の肉質で、中肉の最高級の背骨を使っており、肉厚で薄くて目のように見えることからアイミートと呼ばれています。繊細でシルキーな味わいが特徴です。

2. 上脳脂肪牛。背中の上部は頭に近いので上脳と呼ばれます。脂が肉に沈み、大理石の斑点状に見えるのが特徴で、スープによく合う一品です。

3. 外稜牛。外稜の中と奥の肉を使用し、肉質の側面に脂身が堆積 紅白が美しく、生でも食べても良し 外棘牛は5等分外側の尾根、A レベルの外側の尾根 - F レベルの外側の尾根。

4. 太ったお腹。肋骨の裏側から選び、脂がのっていても脂っぽくなく、細くても木っぽくないのが特徴で、柔らかく香ばしく、みずみずしい色で、すすぎに適しています。


関連記事:

ふとっちょの鍋の発祥と作り方

脂肪牛の健康食法と実践

いくつかの太った牛の練習